1.「ムーブメント」で何をするか?

コンテンツをよりよく活用できるように「世界とつながるムーブメント」が生まれた背景や、あなたがなんのためにどんなことをすべきなのかを理解しましょう。

なぜ、「世界とつながるムーブメント」が必要なのか?

英語教育の問題

訪日外国人がどんどん増えている日本では、教室の中ではなく、実際に英語を使って外国人とコミュニケーションできる方が必要とされています。

しかし、現在の日本の英語教育では、全く効果がありません。

英語を頑張って勉強しても、フレーズをたくさん覚えても、

外国人と直面したら、

頭が真っ白になる、言葉が出てこない方がとても多いです。

せっかく日本が世界とつながるチャンスがあるのに、それを活かしきれていないように思います。

「実際に」話せるようになるために

英語を学んでも話せない原因は、

  • 日本人だから
  • 島国だから
  • 話す機会がないから

など、国柄や個人の能力のせいではありません。

今まで教わってきた英語学習メソッドに効果がない、つまりやり方に問題があったのです。

教室やパソコンの中だけで自習したり先生と話すだけで、「実際に」英語を使う訓練をしていないからなのです。

だから、その問題を解決するために、アーサーの日本語学習の経験と、数百人の生徒さんとの研究を重ねて、

より多くの方が外に出て、外国人とカベなく話せるように、

「世界とつながるムーブメント」を作りました。

世界とつながるムーブメントの目的

世界とつながるムーブメントの目的は、「コネクター」という方を育成することです。

コネクターとは?

英語というツールを通して、教室ではなく、リアルな場面で外国人と積極的に話し、世界と繋がれる方のことです。

IU-Connectは、コネクターとそのコミュニティーを日本中で育てるために、様々なコンテンツや活動を提供しています。

あなたは何をするか?

「世界とつながるムーブメント」では、あなたは

  • 英語の豆知識を学ぶのではなく
  • オンラインレッスンで英会話を練習するのではなく
  • レッスンに参加して終わりにするのではなく

外国人といつでも、どこでも気軽に話せるコネクターになるために3つのステージをクリアします。

Stage 0:外国人と実際に話せるようになる考え方を身につける

ゴール:英語を学んでも話せない本当の理由とは何か、実際に話せるようになるにはどんなことにフォーカスすべきかを理解すること。

Stage 1:外国人と実際に話せる基礎的な英語力を身につける

ゴール:Stage 0で身につけた考え方を応用し、生の場面で外国人と話すきっかけを作り、5分間ほどの会話ができるようになること。

Stage 2:楽しく外国人と話し、自然と英語力が伸びる生活を作る

ゴール:Stage 1で身につけた英語力を土台に、様々なコミュニケーション力に挑戦し、自然と英語力が伸びる生活を作ること。

 

全てのステージに共通することは、オンラインで学ぶだけではなく、外に出て、学んだことを実際に実践することです。

これは、IU-Connectがもっとも大事にしていることでもあります。

あなたも、「世界とつながるムーブメント」のコンテンツやメソッドを活用すれば、

  • 教室ではなく、バー、カフェ、観光地、駅、街中で外国人と気軽に話せるようになる
  • 自分と外国人の間にあるカベがなくなる
  • 自信を持って外国人と話せる
  • 外国人と話す、自分の世界が広がる生活を送れる

ようになります!すでに多くコネクターの方が日本にいながら世界とつながっています。

そしてあなたにもそうなっていただくために、「世界とつながるムーブメント」が存在します。

では具体的に何をしていくか、それを次のセクションでシェアします!