0 Comments

by 

イベントを読み込み中

← Back to イベント

Kenji Kanbara

東京のエンカレジャー:Kenji

今どんな外国人と話す活動をしているか

Facebookとhellotalkの2つのアプリをメインに使って友達づくりと話す相手を増やしています。  

趣味

勉強(家庭教師だから一応(^^;))、食べること、飲むこと、格闘技全般、古美術品鑑賞、お祭りの参加  

英語を学びたいと思った理由

これからの英語教育で仕事柄、話すことが必要になるのと、その上で自分ができれば生徒にも教えることができるから。もちろん自分自身の語学も上げたいから。  

前に英語学習でどんな問題があったか

日本の英語教育を受けて高校の内容まで教えられるにも関わらず、会話が完全ではないこと。  

英語を実際に話せるようになるために、何をすべきかがわかったひらめきの瞬間

これまでの経験から実践が必要であることは分かっていたが、その方法が具体的にならず煩悶していた中、アーサーのyoutubeの動画を見て考えが一致した時。  

英語が話せる!と初めて実感した瞬間

完全ではないですが、日々FacebookやHellotalkで学校英語レベルでの文章でやり取りをして相手に通じることを実感し、その英語で大丈夫なんだと確信した上で少しずつ会話でも通じることがわかった時。  

日本人が英語を実際に話せるようになるカギはなんだと思っているか

ともかく話すこと。 自分自身がそうですが、日本人は既に話すための知識自体は習得していると思います。しかし外国の方と話す機会がないこと、初めの一歩の勇気が簡単ではないことが理由としてあげられると思います。だからこそ、英語を話す環境づくりと話す回数を増やせば話すことができると思います。”  

日本人の英語学習・コネクターになることによくある問題とその問題の解決策

“なかなか外国人の友達を作ると言った作業ができないことだと思います。それを解決するためには追い込みだと思います。友達になった外国の方と話したのですが、彼らは英語が話せないと職に就けないので、それはつまり生きていけないという必死さが日本人と違うと言っていました。これには反論できないと思います。 そこを見習うのは無理だと思うので、目標達成期限を決めて先延ばしにしないことや、自分のように生徒のためという使命感などで自分を追い込んで必要な作業をこなしていくことが大事だと思います。”  

外国人と話したいが、迷っている・悩んでいる方に対して励ましの一言

“私は昔、2度ほど外国人から直接「You are bad speaker!」と言われ、本当に英語を話すことに向いていないのではないかと思いました。だから今でもまた言われるのではないかととても不安になることがあります。けれどそのままでは何も解決しません。 恐らくほとんどの方が同じように一歩を踏み出す前で考えてしまい、踏み出さないことが多いと思います。 だから後ろにいる誰かのせいにして、やりたくなかったけど一歩だけ無理やり押されて進んでしまった。仕方ないから進むしかない。くらいの自分誤魔化しはありだと思います。そうすることで、参加のボタンをクリックしてしまった、とか会話のお誘いをしてしまったとか踏み出せると思います。 その一歩の積み重ねで、いつの間にか外国人の友達ができたとか英語で話していたということになっていると思います。”  

Kenjiの今後のイベント一覧

 
  • 結果が見つかりませんでした。

{"email":"Email address invalid","url":"Website address invalid","required":"Required field missing"}